神奈川でも取扱が広がるエコカラット - 東京都内でフロアコーティング
  • 神奈川でも取扱が広がるエコカラット

    近年では価値観や社会が変化していることから、一軒家よりも分譲マンションを買い求める方が増加しています。

    需要が高まっていることから、都心部に容易に出ることが可能な神奈川では、特に新たに建築される物件数が増えています。



    鉄筋コンクリートなので、気がかりな他人の生活音などについても気にならないですし、地震などを心配する必要も無いのですが、鉄筋コンクリートは湿度の管理が難しいという欠点があります。

    そこで、壁面に対して導入することが望ましいのがエコカラットと呼ばれる調湿作用がある壁です。
    木造住宅の場合は柱などの木材自体が水分の吸収などを行うのですが、鉄筋造の場合は物理的に不可能になるためエコカラットで代用するという仕組みです。


    後から神奈川の業者に施工を依頼してエコカラットを採用して頂く事も可能なのですが、近年では新築の段階で既に使われていることも増えています。
    室内が乾燥状態になっていると、ウイルスが蔓延し病気になってしまう事が知られていますが、湿気が高すぎる場合も健康に害を及ぼすことがわかっています。



    そのまま慢性的な持病になってしまうことも珍しくないことから、エコカラットで快適環境を整備することが望まれるのです。



    また、デザイン性にも優れており一見高級な壁紙に見えることから、調湿機能を有しているシステムとは思えません。


    神奈川県にある昔ながらの業者でも取扱されることが増えており、馴染みの会社にエコカラットを入れてもらうといった方法も選べます。